以前に私はこのサイト上で「絢爛(けんらん)たる暗号・百人一首発祥論著作の読書感想」を発表した。はなはだ不十分なものであるが、日本文芸史の素人としてできる限りの努力はしたつもりである。この論文は今でもこのサイトの「ESSAY」のコーナーにあるので、ご覧いただけると幸いである。 

私は江戸時代初期からの「百人一首歌かるた」の発達史に関心があるのだが、研究の基礎をなすはずの「百人一首」という歌集そのものの成立と展開に関して日本文芸史研究者が提供する情報に納得がいかず、いつしか、私自身が「百人一首」の発祥論に踏み込むことになった。「百人一首」の発祥は日本文芸史上の大論争点であり、多くの専門研究者が各人の見解を発表してきたが、加えて、織田正吉に始まる専門外の人々の論戦への参加もあって、絢爛とした多くの業績が公刊されている。だが、そのいずれでも、提供するエビデンスは既存の考え方の枠内のもののコピーで不十分であり、紹介するエピソードも不十分なデータに基づくものが多く、発祥期の謎は解けていない。私は、この論文の発表後も、細々と考察を続けてきたが事態は大きくは動かなかった。 

『藤原定家「明月記」の世界』(村井康彦)
『藤原定家「明月記」の世界』
(村井康彦)

ところが令和二年十月に、村井康彦の『藤原定家「明月記」の世界』(岩波新書1851)が公刊された。この書は、定家が十九歳から七十四歳までの五十五年間に書き続けた日誌、『明月記』の記述内容から、定家の生活、活動、家族、知人、その才能、活動、業績、そして秘められた欲求、野望などを見つめた、中世社会での公家の生きざまを活写する書である。現存する『明月記』には一部に欠落があり、その期間中には定家が執筆しなかったのか、執筆したがその後定家自身によって破棄されたのか、あるいはまた後代に子孫の手で外部に持ち出されて散逸したのかは分からないが、そうした欠陥にもかかわらず、残された大部分の膨大な記録からは定家の息遣いがしっかりと伝わる。村井の著述は最良のエビデンスであるこの文献の記述を基礎に展開されており、従来の和歌史の著述のような、鑑賞と考証をごちゃ混ぜにした定家賛美の伝記類とは一線を画する優れた業績である。 

嬉しいことに、そこで語られている定家の人物像は私が理解してきたものと近い。この書は『明月記』の記述を主題にして展開しているので、定家が既にその記述をやめた晩年についてはごく簡略に触れているだけであり、したがって晩年の作品である「百人一首」に関する考察も巻末でわずかに触れているだけである。一方私は、定家晩年の「百人一首」の成立史に関心があるのであり、村井とは研究における焦点の合わせ方が異なり、その所説との十分な突き合わせができないのが残念であった。だが、村井の「百人一首」理解を知ることがほとんどできないのが残念であると言ったところで、もともとそこを射程距離に収めていない村井には傍迷惑な、読者の側からの勝手な要求であろう。そして私は、この書を読み進むにつれて、細々と続けてきた私の研究の前途にある風景を村井に明々と照し示されたように思われた。前途に光を見ることができたと言ってもよい。だから、この書に受けた感銘に対しては、私もまたこの間に進めてきた細々とした考察であってもそれを公表し、大方の批判にさらすことで応答し、謝意を表そうと思うようになった。 

ただ、村井の書に接した時期に私は、日本人形玩具学会のメンバーとともに、東京都千代田区神田神保町のギャラリーで、令和二年十二月上旬から翌年一月下旬まで「千代田の春 江戸東京の正月あそび」という展示会を企画、運営しており、令和三年一月八日に新型コロナウィルス感染症による緊急事態宣言が発出されて閉館になるなどの出来事もあり、事務局機能を引き受けていたこともあって多忙であり、三月上旬にやっと後始末が終わるという事情であったので、村井への応答は遅れて今日に至った。この展示会と付随した研究会の趣旨については、日本人形玩具学会のホームページに報告書を掲示したのでそれを見ていただくとお分かりいただける。また、作業の完了後に非公開で秘かに綴った私のまとめの文章では、次のようにまとめさせていただいた。 

この企画では、参加した5人のメンバーの蒐集と研究を「江戸東京の正月あそび」と括って概念化しました。ここには、①伝統的な上方の遊戯から自立した江戸、東京ならではの正月の遊びの歴史への着目がございます。また、②江戸東京とつなげることで、従来の、江戸の遊戯とそれの残像としての明治の遊戯を賛美する懐古趣味に溢れた把握ではなく、江戸の遊戯、近代化の進んだ明治の遊戯、大正ロマン、昭和モダンの遊戯とつなげて考える江戸東京の遊戯文化の認識がございます。この延長上には、第二次大戦後の東京の遊戯文化、キャラクターやアニメヒーローなどの「かわゆい」系の遊戯文化もございます。その連続性は大いに興味あるところですが、今回は昭和後期までは射程を伸ばしませんでした。そして、③子どもの遊びだけに焦点を当てる従来の「正月あそび」論にはなかった、大人も子どももともに遊んだと把握する視座がございます。この視点の中から、④大人、特に女性の大人が果たした遊びの世界での大事な役割も見えてまいりました。 

歌川広重は天保年間末期頃の「おさな遊び正月雙六」で、当時の子どもたちの正月あそびを描いております。そこには「道中すご六」「草双紙」「まゝごと(ミニチュア)」「姉屋ごと(姉様ごっこ)」「いろはがるた」「竹馬」「まり」「たこ(凧あげ)」「はね(追い羽根)」「こま」「福引」「きさごはじき(おはじき)」「あや(あやとり)」「折りもの(折り紙)」「お手玉」「歌かるた」が挙げられております。( )内は私の補足した現代語での表記です。今回はこの内で「道中すご六」「まゝごと」「いろはがるた」「竹馬」「まり」「たこ」「はね」「こま」「お手玉」「歌かるた」を取り上げましたが、展示会場の広さ、設備の限界もあって「草双紙」「姉屋ごと」「福引」「きさごはじき」「あや」「折りもの」は残念だが外しました。そして、その代わりに、明治時代以降の遊戯具、特に大人も楽しんだ正月あそびをカバーするように、「馬のあそび」「トランプ」「ゲームカード」「紙メンコ」「福笑い」「ぶりぶり」「パズル」「囲碁」「将棋」を加えました。「トランプ」では、大正時代の女性の文化と言う側面を強調しました。広重の作品を一つの基準作品として設定し、その後の江戸東京の正月遊戯の歴史を連続と革新の両面で概観するということで、今後の遊戯史研究に向けて、研究対象の設定についての一つの客観的な基準の提起ができたと思っております。 

そして今回の企画では、その展示の方法論として、遊戯具の展示に加えて、江戸東京の遊戯画像を展示して、遊戯画像と遊戯具のコラボで正月あそびの遊戯場面の空気感、その華やかな楽しさを表現しようと試みました。カラフルな遊戯具とのコラボであるので、単色の画像は却下しました。また、明治以降の写真画像も採用しませんでした。その代わりに、江戸時代の正月あそびの屏風画、遊戯場面の錦絵、明治時代の『風俗画報』誌の口絵、明治、大正、昭和前期の絵葉書、大正、昭和前期の女性誌、少女雑誌の口絵などを投入しました。こうした手法はそれなりに新しい着想であり、特に絵葉書画像の投入などは、近時の民俗学や情報社会学でも注目されているエフェメラの活用という新手法でございまして、単なる遊戯具の展示に終わりがちな遊戯史研究にとっては一つの問題提起になったかと思います。こうした展示に対して来館者からは、新鮮な展示方法であり、遊戯をしている場の実際が想像できるという好意的な反応が多く、この展示方法はそれなりに来館者の理解を得られたと思われます。 

思い起こせば、古来、日本の文化には、山野に分け入ると神と共存する異界が開かれているという山岳信仰的な観念と、海の向こうに異界があるという浦島譚のような観念がございます。茶の湯の文化なども、狭いにじり口から入る茶室は閉鎖的な異界であって、現世、俗世とは異次元の世界と観念されています。そして、過去の江戸東京の正月あそびの世界も一つの異界であって、それは絶対に変えられない固定的なものとして手の届かない遠距離にあるのではなく、タイムトンネルのような、あるいはドラえもんの「どこでもドア」のような通路さえ見つかれば、その時代を訪れてそこの人々と親しく時間と空間を共有できるものと観念されてきました。今回の展示は、それのほんの真似事ですが、狭い階段を上って展示会場に入れば、そこは壁面の遊戯場面画像と卓上の遊戯具、それに空を舞う各時代の遊戯具に囲まれたタイムトンネルの向こう側のような閉鎖空間であり、江戸、明治、大正時代の正月、遊戯を楽しむ人々のざわめき、その場の楽しげな雰囲気、空気感を追体験できるように工夫しました。従来の、使われなくなった遊戯具の残骸を平面的に並べて見せるだけの展示会ではなく、遊戯場面画像と遊戯具のコラボで生きた遊戯を感じ取れる展示会にしたいと念じていました。微力でしたが、志だけは確かに持ち続けて予定通りに走り抜けさせていただきました。 

おすすめの記事