さて、前書きはこの辺で切り上げて本論に入ろう。私は、先の原稿を執筆した際に、いくつかの点で、素人の疑問を提示しておいた。まず、専門家は決して言わないことだが、私は、「百人一首」という歌集の「お手軽感」がとても気になっていた。鎌倉時代の歌集といえば、数千首の和歌を集めたものが普通であり、百首前後の歌集はいささかボリュームに欠ける。これが、歌学の宗家、家元の御子左家にあって門外不出の聖典とされ、「古今伝授」と並ぶ「百人一首伝授」として、余人を陪席させない一子相伝の秘儀で、子々孫々の代まで宗家の後継者に伝えられるべきものであるとされることには相当の違和感がある。それにしては「お手軽」過ぎるというのが一人の素人の率直な判断である。 

第二の疑問は、定家が息子の爲家(ためいえ)の妻の父、つまり為家の岳父にあたる鎌倉方の武将、宇都宮頼綱(よりつな)に贈ったものが色紙状の和歌群であり、その色紙には歌人名の表記がなかったことである。百首前後の和歌の中には、誰もが知っているような名歌もあるが、約百人の歌人の作品から代表作を選んで集めたということではなく、同じ歌人の作であっても通常はあまり顧みられることのない、したがってあまり知られていない凡歌も少なからず含まれている。また、和歌の世界では無名で、この歌集に採録された和歌以外には作品が知られていない安倍仲麿や陽成院のような歌人もいる。もともとは「讀人知らず」であったものを誰かの作品と想定して収録しているものもある。これでは、約百枚の色紙は、定家が出題者となった、名歌の歌人名当てクイズの出題になってしまう。したがって、和歌色紙約百枚を贈られた宇都宮頼綱には、京都で宇都宮歌壇を主催するほどの歌道の達人であったとしても、作者の歌人に知識が及ばないこともあったと思われる。これは名歌を揮毫して贈呈するにはいささか奇妙な事態である。私は、定家は、歌人でもあった頼綱が歌人名を間違えて面目を失しないように、色紙約百枚とともに、それと別に、採択した約百人の歌人名を加えた歌集一巻を贈っていたものと考えている。そしてもしかしたら、今は散逸して偲びようもないこの巻子には「嵯峨山荘中院障子和歌色紙」とか「百人秀歌」とかいう題目が記されていたのかもしれないが、この点の確証はない。いずれにせよ、古歌をその歌人名から切り離して、詞書などもすべて排除して、和歌の本文だけを切り取って色紙にした趣旨が分かりにくい。 

『王朝百首』(塚本邦雄)
『王朝百首』(塚本邦雄)

ところで、昭和後期の歌人、塚本邦雄は、『王朝百首』の「をはりに」で、こう述べている。「さらに言へばこの百首は譯(やく)も解説も蛇足である。任意の時、任意の作品を、自由に吟誦して樂しむのが最上の鑑賞である。難解な用語は、もし必要とならば古語辭典一冊を座右に置けばおのづから解けよう。さうして、歌自體の美しさに陶然とすることのできる讀者には、もはや作者名さへ無用である。」「歌は作者名によつてその美を左右されることは決してない。作者名によつて陰影を深め、あるいは享受者の第二義的な欲求を満たすことはあらうとも、それ以上の何かを附加し得ると考へるのは幻覺に過ぎまい。私達は今日まで、いかに作者名に惑はされその作品を受取って來たことか。これは單にこの王朝和歌集に限ることではないのだ。作者名も註釋もすべて虛妄であらう。眞にすぐれた作品はそれらを拒み、無視して聳え立つものである」(塚本邦雄『王朝百首』講談社文芸文庫、平成二十一年、三二五頁)。 

確かに、塚本が言うように名歌とはこういうものであろう。名歌は多くの読者に出会い、そこには誤解や勘違いも生じ、その中から熱烈な賛美の声も聞こえてくるが、それもまたその名歌の拙き性であろう。しかし、晩年の定家がこういう趣向で歌人名のない「歌群」を制作したとは思えない。むしろ、まったく別の目的で歌人名も詞書も落とした和歌本文だけを蒐集したのではなかろうか。この疑問には、塚本の著作も答えてはくれない。 

これと密接に絡む第三の疑問は、定家による選歌の基準である。定家は、各々の歌人の和歌のうちから、名歌か凡歌かの世間の評判を気にせず、遠慮なく選歌を行っている。そこではまた、たとえば持統天皇の萬葉調の和歌「春過ぎて夏来るらし 白妙の衣干したり 天の香久山」の改作「春過ぎて夏来にけらし白妙の 衣干すてふ天の香久山」の方を選んでいる。いかに才能があるとはいえ、鎌倉時代の一中級公家が、日本の和歌史の発祥を飾る神のごとき女性天皇の作について、個人の責任において改作の方を用いるというのは不遜(ふそん)である。逆に陽成院の場合は、『後撰集』で「筑波嶺のみねより落つるみなの川 戀ぞつもりて淵となりける」が後世に「筑波嶺の峯より落つるみなの川 戀ぞつもりて淵となりぬる」に改作されたものを元に戻して「なりける」を採用している。萬葉の歌人、山邊赤人の「田子の浦ゆ打ち出でてみれば眞白にぞ 富士の高嶺に雪は降りける」は、『新古今集』において「田子の浦に打ち出でてみれば白妙の 富士の高嶺に雪は降りつつ」に改められ、定家はそちらを採った。夭折(ようせつ)の天才、藤原道信の和歌は、「明けぬれば歸るものとは知りながら なほうらめしき朝ぼらけかな」ではなく、改作の「明けぬれば暮るるものとは知りながら なほうらめしき朝ぼらけかな」を採った。大納言公任の「瀧の音は絶えて久しくなりぬれど 名こそ流れてなほ聞えけれ」は、「瀧の絲(いと)は」と言う表記の例を採らずに「瀧の音は」にしてある。崇徳院の「ゆきなやみ岩にせかるる谷川の われても末にあはむとぞ思ふ」は、改作の「瀬をはやみ岩にせかるる谷川の われても末にあはむとぞ思ふ」を採った。 

定家は、古今の和歌において原作ないし後世の改作を収録しているのであり、それはあたかも、歌学の宗家、家元の主である定家は、日本和歌史のすべての作品の上に立って指導、添削するべき至高の存在であり、原作と改作を比較検討して、時には原作を優れたものと判定し、時には改作に軍配を挙げたと自己の権威を主張しているように見える。そうだとすれば、定家は、約百首の和歌に対して、秘かに、自分の開発した作歌の技巧を当てはめて、思うがままに添削し、改訂していたのではなかろうか。定家にとって、名歌とは定家流の作歌の技法を用いて美しく仕上がっている和歌であり、凡歌とは定家の技法を知らずして低調に終わった和歌である。この和歌はここをこう直せば立派な名歌になったのに惜しかった。こう言う判定には定家の自我が強烈に発揮されている。そうした添削の言動はあまりにも不遜であり、これを文書化してしまって、万一にも家の外に漏れては筆禍事件を起こしかねない一大事である。だから秘中の秘、門外不出の秘伝なのであり、だが、これこそ、口述で後継者にのみ伝える「歌の家」御子左家の歌学の真髄であったのではなかろうか。そうだとすると、定家の選歌の基準は、それが芸術的に優れているかどうかではなく、己が伝えたいこと伝えるうえで好都合なものであったはずだ。そうすると、必ずしも自分以外の歌人が詠んだ名歌が目的にかなっているのではなく、他者の失敗作を取り上げて、その和歌の失敗の原因を極め、定家の技法を活用すればこのように改善できると示すことも教育上は有効な方法である。定家は、凡歌と知りつつ失敗作を教材として取り上げているのではないか。「教材」には失敗作も必要なのである。私の頭の中ではこの疑問が去らない。 

約百枚の和歌色紙を屋敷に貼り巡らせれば、そこには、日本和歌史のある程度客観的な景色が見えてくるのではなく、御子左家の秘伝である作歌の技巧にそった定家風の選択をされた主観的な和歌群が浮かび上がってくる。定家の脳内には、色紙に書かれた文字とは別に、本歌取、縁語、懸詞、枕詞などなどで彩られた定家の基準で改作された名歌百首が浮かび、あるいは「歌の家」として肝に銘じて憶えておくべき王朝興亡史、宮廷政治の機微に触れる背景事実が浮かんでいたのではないか。定家が、宗家の主として、後継者の為家に、「さて、お前はこの歌をどう見るか。どこに直すべき点があるか。」と問いかけている様が想像できる。それは為家個人の教育、訓育ではなく、家というものの継承の儀式である。屋敷の主は、御子左家という「歌の家」であり、定家と言う個人ではない。この家業の継承という観点を抜きにしたら、この傲慢(ごうまん)な選歌には一体どういう趣向があるのか。定家の心根の在り方が謎めいている。定家は御子左家という「歌の家」の設(しつら)えとして「百人」から「一首」ずつの「歌群」を編んだというのが私の受けた印象である。 

ここで気になるのは、「百人秀歌」作成の三年ほど以前に定家が編んだ『新勅撰和歌集』である。これは公の作業であって、定家の私的な作業ではない。定家は、貞永元年に後堀河天皇の命を受けて単身で勅撰和歌集の編集に当たったが、翌年に譲位があり、その翌年、文暦元年に後堀河院が亡くなると選歌を終えて完成直前であった草稿を焼却した。それなのにこの歌集は、九條道家らによって別にあった草稿を基に体裁を整えて完成され、嘉禎元年に呈上された。だが、内容的には、なぜか凡歌の採録が多く、承久の変の敗者、後鳥羽院や順徳院の排除、後鳥羽院宮廷の女官で当代随一の女流歌人との評価の高かった俊成卿女(としなりきょうのむすめ)や宮内卿(くないきょう)の除外があり、逆に乱の勝者、鎌倉幕府の武将の和歌の入選、九条家縁故の凡歌人の低調な和歌の入選などもあり、当時からすでにすこぶる不評であった。「百人一首」はこの歌集の内容を引きずっており、それはよく、定家晩年の嗜好の歪みとされるが、私は、そこには歌集の編集を越えた別の意図があるように思えてならない。 

第四の疑問は、これは今まですでに多くの人によって指摘されてきた点であるが、この「歌群」には当初歌集の名前がなく、定家の死後、その子孫によって歌人と和歌に入替が行なわれ、また『百人一首』または『小倉百人一首』とする呼称が付けられて世に広められたという経緯がある。『百人秀歌』という歌集は定家の在世当時から存在していたが冷泉家の秘するものであって世の人に知られず、他方、二條流は『百人一首』をもって本流、家元の証しとし、それを劇的に再発見し、本家の格式において「百人一首伝授」の儀式を執り行い、三條西家、中院家、細川家などの尽力で朝廷に入り込み、ついには天皇自身が「御所伝授」とされる「百人一首伝授」をおこなう事態を作り出し、定家流の和歌の道の本家、家元となることができた。つまり、「百人一首」という歌集は定家在世中にはまだ世に登場していなかったのである。いや、これはそもそも定家や為家にとって「歌集」だったのであろうか。そうではなく、「歌の家」である御子左家の歌学の教材となる「歌群」であったのではなかったのだろうか。そしてそれが、室町時代の中期に、『百人一首』という和歌集の設(しつら)えに変化して再デビューしたのではなかろうか。 

現代で例えれば、著名な料理の達人、シェフのキッチンに、ニンジン、ジャガイモ、そして肉類がカレー粉その他の調味料とともにひとまとめにして残されていたとして、それをもってカレーがあったと即断するのは拙速である。材料は揃っていたがカレーとしては調理が未遂で完成していなかったと理解するのが穏当であろう。そしてさらに、それは、客に出す料理の準備品であったと決めつけることも不適切で、単に弟子に食材の整え方を教える課程の教材であったのかもしれない。ニンジンの切り方はかくあるべし。ジャガイモの煮方はこうでなくてはならない。牛肉の投入のタイミングはここであると素材の整え方を教える材料であって、その段階を終えたら用いた教材はそのまま廃棄するのであって、調理してカレーに仕上げるまでの目的はなかったのかもしれない。私は、百人一首の「歌群」は、後継者に「歌学」を教える教材であったのではないかという疑問を振り払うことができない。 

塚本邦雄・肖像(昭和59年、『王朝百首』より)
塚本邦雄・肖像(昭和59年、
『王朝百首』より)

ここでもう一度、塚本邦雄を考えたい。塚本は、若年の頃から定家の「百人一首」に否定的で、それが江戸時代にかるたの遊戯に用いられて人口に膾炙(かいしゃ)し、ついには名歌集として称賛を浴びて通用していることへの違和感をあからさまにした。そして塚本が取り組んだのは、定家とその子孫が設定した百人の歌人、百首の和歌と言う枠組みの中で、「百人一首」の選者が選んだ凡歌ではなく、平安時代の百人の歌人を自ら選んで、その百人の歌人が詠んだ名歌をこれぞ王朝文芸の精華であると示すことであった。ただし塚本はこの『王朝百首』では、実際には九十四人の歌人の和歌九十四首を選ぶにとどまっており、六首は在原業平、紀貫之、藤原定家、藤原良經、式子内親王、源實朝の和歌の内から各々もう一首ずつを選んで再登場させた。これでは九十四人百首であり、百人で百首と言う構成には塚本の歌学上では必然性も必要性もがなかったのである。 

また、後年の『塚本邦雄新撰小倉百人一首』(塚本邦雄『塚本邦雄新撰小倉百人一首』講談社文芸文庫、平成二十八年)では、「百人一首」の歌人百名をそのまま残して、他に作品が残っていないので和歌を変えようがない安倍仲麿と陽成院の二人を除いて九十八人に関しては、定家撰の凡歌に代えて、それらの歌人の生涯の名歌に置き換えるという、はなはだ挑戦的な設(しつら)えにしている。塚本は、百人の歌人につき、定家の選んだ「百人一首」の和歌を凡歌、低調と非難し、それとは別の和歌を選び直しているが、ここでもなぜ百人という数であるのかは説明されていない。塚本にすれば、百人を選んだ定家の土俵の上で対抗するのだから当然に百人なのだろうけれども、それではなぜ定家は百人でまとめたのか。今ではよく知られているように、定家撰の『百人秀歌』は百人ではなく百一人、百一首であった。百人にするつもりが百一人になったのだとすれば、それはそれでいいではないか。そして、もしそこに後鳥羽院と順徳院の二人を加えたいのであれば、そのまま足して百三人にすればよいのに、なぜ、『百人一首』は百一人中の三人を削除して二人を入れて百人という人数のつじつま合せをしたのか。百人という土俵の設定には、この数を死守しなければならないいかなる理由があったのか。この点について、塚本の考察を知りたいと思った。 

そして、ここで奇妙なのは安倍仲麿と陽成院である。この両名は、いずれも、「百人一首」に採用された和歌一首だけが残されていて、他の作品は伝わっていない。安倍仲麿は中国に居たので和歌が残っていないのは不思議ではないが、陽成天皇は文芸に暗かったわけではなさそうであるし、在位も長かったのであるから、歌合せなどの作歌の機会も多く、和歌がもっと残されているはずなのに消滅している謎の歌人であり、そこには帝位をめぐる争いがあり、帝位を奪われた陽成天皇は和歌の世界からも追放されて、歌人としての業績が抹殺されたのではないかという疑問が生じる。塚本も困って、この両名については「百人一首」の和歌を転記するだけであった。定家は、なぜ、このように例外的な者を歌人として認め、平安時代、鎌倉時代の著名な歌人を落としたのか、まったく奇妙であるが、塚本はこの辺の事情についても説明はしていない。 

これと微妙に重なるのが収録された和歌の順序である。『百人一首』の歌順の異同を最初に問題にしたのは田中宗作の「如儡子の百人一首注釈書について」(『百人一首古注釈の研究』桜楓社、昭和四十一年、一一七頁)であり、そこで田中は、和歌の配列が異なる、「京極黄門」撰の『百人一首』について言及した。これに依拠した如儡子の注釈本は、江戸時代初期、寛永十八年のものである。その問題提起を継承して私は、昭和の末期に、江戸時代初期には、今日の標準的な配列の『百人一首』と、それとは別異の配列である『百人一首』があり、前者は二條流の系統の歌書に伝わるもので、細川幽斎らによって宮中に持ち込まれ、「百人一首伝授」を通じて正統の地位を得たが、後者も冷泉流の系統で有力であり、本阿弥光悦や角倉素庵らによって拡散され、市井ではむしろこちらのほうが正統と思われた時期もあることを解明した。冷泉流の歌順は『百人秀歌』のそれに近い。そして、両者の違いは和歌の本文にも及んでおり、もっとも明白なのは三條院の和歌の上の句で、二條流では「心にもあらで憂き世にながらへば」であるところ、冷泉流では「心にもあらで此の世にながらへば」である。 

問題なのは、江戸時代初期までには、二種類の歌順の『百人一首』が併存していたという事実である。和歌集というものには、その編纂の意図、テーマがあれば、それを表するように歌が並べられるものである。そうした意味で、歌順は大事な情報である。だから、通常の歌集では、歌順は一種類で、相異なるものが二種類併存することはありえない。逆に言えば、歌順が二種類併存しているということは、『百人一首』の編集の方針、テーマが謎で、さまざまな理解が可能であって、結局、不分明であったことを意味している。そして「百人一首」の場合は、この「歌群」が、一般にいわれているところとはまったく別の編集意図で編まれていたことを示すのではないか。ここにも私の疑問がある。 

おすすめの記事