5-1 江戸時代初期、「歌合せかるた」の成立(一覧)

八 「百人一首歌合せかるた」の主役化

延宝年間(1673~81)以降に歌合せかるたが京都の町で流行したが、それは同時に、「古今和歌集歌合せかるた」「三十六歌仙歌合せかるた」「自讃歌歌集歌合せかるた」などを上回って「百人一首かるた」が主役に飛躍した時期でもあっ

続きを読む »

六 「かるた」という語は忌避されたのか

吉海のかるた貝覆起源説にはもう一つ、奇妙な付属物がある。貝覆の後身である歌かるたはいとも雅な遊技であるから、賭博のイメージのある「カルタ」という用語が忌避されたというのである。これも古い時代の俗説で、史実ではない。ところ

続きを読む »

五 貝覆起源説の崩壊

その後、吉海は「歌かるた伊勢市発祥説」を伊勢市以外の場所では開陳することがなかったが、平成二十年(2008)の自著『百人一首の世界』では、歌かるた伊勢起源説を「こういったまことしやかな説明によって、歌かるたの起源が捏造さ

続きを読む »

四 歌合せかるたの「貝覆」起源説

このように、「しうかく院」考案説が少しずつではあれ関連資料の発掘、研究で前進してきたのに対して、それ以前に通説であった、江戸時代初期、前期(1603~1704)の歌合せかるたは、平安時代から続いていた貝覆の遊技が、安土桃

続きを読む »

三 初期「歌合せかるた」は小型色紙

江戸時代初期(1603~44)の「歌合せかるた」について、それが長方形であるとした史料は存在しない。むしろ、和歌を正方形に近い色紙に書く文化の伝統があったのだから、分かち書きする二枚の色紙も「かるたほどの大きさの正方形に

続きを読む »

二 「しうかく院」考案説の証明

「古今の札」については、しかし思いがけない進展があった。私は、平成十年代(1998~2007)になって、東京の古書店で、江戸時代初期の『小野小町物合歌』[1]と題する貼り込み帖を発見した。「小野小町物合歌」は在原業平と小

続きを読む »