3-2 江戸時代前期の「舞台芸能絵合せかるた」(一覧)

(三)その後の「舞台芸能かるた」

江戸時代後期(1789~1854)以降の「舞台芸能絵合せかるた」としては、まず、木版の歌舞伎役者かるたがある。江戸の歌舞伎のかるたは江戸で作られ、上方の歌舞伎に関するものは、京都、大坂で作られた。それについては、後に項を

続きを読む »

(一)「役者かるた」の登場

江戸時代中期、享保年間(1716~36)以降に「舞台芸能絵合せかるた」に大きな変化があった。歌舞伎役者への関心が強まった享保九年(1724)に、大名の柳沢家の重臣の家系に生まれて文武両道に秀でていた柳沢里恭(さととも)(

続きを読む »

(二)江戸時代中期の「役者かるた」

ところが、最近になって、明治時代(1868~1912)の「玩具博士」清水晴風が好事家集団集古会の展示会に他の会員から出品されたかるたを模写した手控え画帳[1]を観る機会があり、そこに「宝暦ノ末頃役者かるたいろは文字合九十

続きを読む »

(六)「舞楽かるた」、「謡曲かるた」

以前に『王朝のあそび』で、「舞楽かるた」が紹介された[1]。舞台芸能の絵合せかるたにいかにも似つかわしい美麗なものであり、内容は、「納曾利(なそり)」「採桑老(さいしゅうろう)」「貴徳樂(きとくらく)」「胡蝶(小手府・こ

続きを読む »

(四)「狂言絵合せかるた」の図像学的検討

ついで、カード上の図像の検討に入ろう。狂言の舞台図については『絵入狂言記』の挿画が基本的な史料になるが、そのうち「狂言絵合せかるた」と共通するものは「悪坊」「麻生」「粟田口」「伊文字」「氏貞(内沙汰)」「伯母酒」「柿山伏

続きを読む »