4-5 江戸はかるたの王国⑤(一覧)

四 化け物かるた

武者かるたと対照的に、子どもに分かりやすくて人気があったのが「化け物かるた」である。これについては江戸時代中期までの時期のかるた札の遺品が未発見で、江戸後期以降に江戸で発達した絵合せかるたであろうと推測されている。「化け

続きを読む »

三 なぜか人気の「武者合せかるた」

  江戸時代後期(1789~1854)以降の「絵合せかるた」類の中で、人気が高かったものの一つが「武者合せかるた」である。日本の歴史上の勇者、英雄を取り上げ、絵札には甲冑姿の雄姿を描き、字札にはその姓名を書いてある。この

続きを読む »

(一)東京の地方札、「ガラ札」の発見

従来の研究では、「絵合せかるた」の中では、江戸の火消しが待機中に遊んだかるた、「ガラ札」が妙に有名であった。発端は山口吉郎兵衛の『うんすんかるた』である。ここで山口は、蒐集した幕末期から明治前期の「ガラ札」(別名「ピイ」

続きを読む »

(五)「道斎かるた」の歴史

これらの比較から、何点か検討するべき点が見えてくる。 ①江戸時代中期の「譬え合せかるた」と「明治期譬え合せかるた」を合わせると百十三の諺になる。「譬え合せかるた」では百句が基準の数で有り、盛り込まれる諺に移動があって、新

続きを読む »

(四)明治年間以降の「道斎かるた」

山城屋版の「道斎かるた」、六十二句の内容は次のようなものである。   「いわしの(二文)[11]」(鰯の頭も信心から) 「いつも正月(点数なし)[21]」(いつも正月) 「八十の(二文)[40]」(八十の手習い) 「花み

続きを読む »

(三)明治年間の「譬え合せかるた」

  一方、「明治期譬え合せかるた」では、残存する七十四句の内容は次のようなものである。 「犬もあるけは(一)」(犬も歩けば棒にあたる) 「鰯のあたまも(一)」(鰯の頭も信心から) 「いつも(十)」(いつも正月) 「論語読

続きを読む »

(一)「道斎かるた」の発見

かつて「いろは譬え合せかるた」の研究史では、江戸時代中期(1704~89)に活発に使われていた五十句一組、正続合わせて百句一組の木版摺り「譬え合せかるた」が、江戸時代後期(1789~1854)のはじめ、遅くも文化文政年間

続きを読む »