一 「譬え合せかるた」と「道斎かるた」(一覧)

(五)「道斎かるた」の歴史

これらの比較から、何点か検討するべき点が見えてくる。 ①江戸時代中期の「譬え合せかるた」と「明治期譬え合せかるた」を合わせると百十三の諺になる。「譬え合せかるた」では百句が基準の数で有り、盛り込まれる諺に移動があって、新

続きを読む »

(四)明治年間以降の「道斎かるた」

山城屋版の「道斎かるた」、六十二句の内容は次のようなものである。   「いわしの(二文)[11]」(鰯の頭も信心から) 「いつも正月(点数なし)[21]」(いつも正月) 「八十の(二文)[40]」(八十の手習い) 「花み

続きを読む »

(三)明治年間の「譬え合せかるた」

  一方、「明治期譬え合せかるた」では、残存する七十四句の内容は次のようなものである。 「犬もあるけは(一)」(犬も歩けば棒にあたる) 「鰯のあたまも(一)」(鰯の頭も信心から) 「いつも(十)」(いつも正月) 「論語読

続きを読む »

(一)「道斎かるた」の発見

かつて「いろは譬え合せかるた」の研究史では、江戸時代中期(1704~89)に活発に使われていた五十句一組、正続合わせて百句一組の木版摺り「譬え合せかるた」が、江戸時代後期(1789~1854)のはじめ、遅くも文化文政年間

続きを読む »