二 火消の家系に伝わった遊技札「ガラ札」(一覧)

四 「化け物かるた」

武者かるたと対照的に、子どもに分かりやすくて人気があったのが「化け物かるた」である。これについては江戸時代中期までの時期のかるた札の遺品が未発見で、江戸後期以降に江戸で発達した絵合せかるたであろうと推測されている。「化け

続きを読む »

三 なぜか人気の「武者合せかるた」

  江戸時代後期(1789~1854)以降の「絵合せかるた」類の中で、人気が高かったものの一つが「武者合せかるた」である。日本の歴史上の勇者、英雄を取り上げ、絵札には甲冑姿の雄姿を描き、字札にはその姓名を書いてある。この

続きを読む »

(一)東京の地方札、「ガラ札」の発見

従来の研究では、「絵合せかるた」の中では、江戸の火消しが待機中に遊んだかるた、「ガラ札」が妙に有名であった。発端は山口吉郎兵衛の『うんすんかるた』である。ここで山口は、蒐集した幕末期から明治前期の「ガラ札」(別名「ピイ」

続きを読む »