(三)三池カルタ・歴史資料館蔵「狂言絵合せかるた」

このかるたの書誌的なデータの説明から入りたい。このかるたのカードは縦七・九センチ、横五・四センチで・、表紙(おもてがみ)は金無地の紙、裏面も同じく金無地であるが微妙に色合いが変化させられており、「縁返し」の細工が施されている。枚数は五十対・百枚で、その他に「四の十二 五十番」と書かれて所蔵印の捺されたカードが一枚あり、これが一組の完揃いのかるたであることが分かる。カードは、一度は屏風様のものに貼り込まれていたが、後代になって一対・二枚ごとに台紙ごと切り分けられた。基本的には右側に仮名札、左側に漢字札が貼られている。こうすると、右のカードの人物は左を向き、左のカードの人物は右を向くので、互いに向き合っている舞台上の情景が再現されて美しい。逆だとお互いにそっぽを向くことになる。左右が逆に貼られたものもあるがそのカードだけ特にそうする理由が見当たらないので単なる作業上のミスと思われる。これは紙貼りの木箱に収められた状態で発見された。現所有者は平成初年(1989~2003)に名古屋市内の古物店から購入していて、以前の所有者に関する情報は存在しない。

狂言の曲目は各流派に二百番以上伝わっており、それを和泉流の正本から五十番に絞って五巻の刊本にまとめたのは『絵入狂言記』[1]の工夫で、ここで始まった五巻、五十番という巻数、番数はその後の『絵入続狂言記』などの刊本に踏襲されており、これに着想を得て五十組の編成にしたとすると「狂言合せかるた」の成立は『絵入狂言記』が発刊された万治年間(1658~61)以降のこととなる。なお、『絵入狂言記』は、各流派で後継者に誤りなく伝承するために残された門外不出の秘伝の手引書であったそれまでの手書きの正本、秘伝書と異なり、広く普及して誰にでも狂言が理解できるように刊本にまとめられたものであり、分りやすくする一環として図像を付ける工夫がなされた。各曲名の台詞の最後に舞台を描写した挿画が付く。狂言の舞台を絵画で表現するこのアイディアが「絵合せかるた」という着想に影響したと考えられる。

次に、各々のカードに書かれた曲目の検討に移ろう。まず、五十番の曲目を紹介したい。

表題の順番は研究の便宜を優先して五十音順にした。分類は『和泉流狂言名寄並びに位附』に依る。曲目はカード上の記載のままで、( )内の登場人物名は画像を見ての私の判断である。

 

 

悪坊 出家物 〔仮名札〕あくほう(僧)、〔漢字札〕悪坊(悪坊)

朝比奈 鬼物 〔 仮名札〕あさいな(鬼)、〔漢字札〕朝比奈(朝比奈)

麻生 果報者 〔仮名札〕あさう(大名)、〔漢字札〕麻生(下六、藤六)

粟田口 大名物 〔仮名札〕あわたぐち(太郎冠者)、〔漢字札〕粟田口(大名)

伊文字 女物 〔仮名札〕いもんじ(大名)、〔漢字札〕伊文字(通行人、太郎冠者)

入間川 大名物 〔仮名札〕いるま川(入間の何某)、〔漢字札〕入間川(大名、太郎冠者)

伊呂波 雑狂言   〔仮名札〕いろは(子)、〔漢字札〕伊呂波(親)

氏貞(内沙汰、右近左近) 女物   〔仮名札〕うちさだ(妻)、〔漢字札〕氏貞(右近)

靭猿 大名物   〔仮名札〕うつほさる(猿引、猿)、〔漢字札〕靭猿(大名、太郎冠者)

鬼瓦 太郎冠者物  〔仮名札〕おにかはら(殿)、〔漢字札〕鬼瓦(太郎冠者)

伯母酒 女物 〔仮名札〕おばかさけ(伯母)、〔漢字札〕伯母酒(甥)

柿山伏 山伏物   〔仮名札〕かき山ぶし(柿主)、〔漢字札〕柿山伏(山伏)

笠之下(地蔵舞)出家物  〔仮名札〕かさの下(宿主)、〔漢字札〕笠之下(旅僧)

金津之地蔵 出家 〔仮名札〕かなつの地ぞう(子)、〔漢字札〕金津之地蔵(会津の者)

雷 鬼物   〔仮名札〕かみなり(医者)、〔漢字札〕雷(雷)

喜参倍(茶子味梅、帰参盃)女物 〔仮名札〕きさんはい(唐人の夫)、〔漢字札〕喜参倍(日本人の妻)

鬮罪人 太郎冠者物 〔仮名札〕くじざいにん(太郎冠者)、〔漢字札〕鬮罪人(主)

首引 鬼物   〔仮名札〕くび引(鬼親、姫鬼)、〔漢字札〕首引(鬼親、鎮西八郎為朝)

昆布売 雑狂言   〔仮名札〕こんぶうり(昆布売)、〔漢字札〕昆布売(何某)

薩摩守 出家物   〔仮名札〕さつまのかみ(旅の僧)、〔漢字札〕薩摩守(船頭)

宗論 出家物  〔仮名札〕しうろん(浄土僧)、〔漢字札〕宗論(法華僧)

二千石 太郎冠者物  〔仮名札〕じせんせき(太郎冠者)、〔漢字札〕二千石(大名)

末廣 果報者  〔仮名札〕すへひろ(大名)、〔漢字札〕末廣(ぬす人)

素袍落 太郎冠者物  〔仮名札〕すわうおとし(主)、〔漢字札〕素袍落(太郎冠者)

節分 鬼物  〔仮名札〕せつぶん(女)、〔漢字札〕節分(鬼)

寶之槌(槌)太郎冠者物  〔仮名札〕たからのつち(大名)、〔漢字札〕寶之槌(太郎冠者)

茶壺 雑狂言  〔仮名札〕ちやつほ(すっぱ)、〔漢字札〕茶壺(壺主、目代)

通圓 出家物  〔仮名札〕つうゑん(東国の僧)、〔漢字札〕通圓(通圓)

土産山伏(苞山伏) 山伏物 〔仮名札〕つと山ぶし(山人)、〔漢字札〕土産山伏(山伏、さむらい)

釣狐 出家物   〔仮名札〕つりきつね(猟師)、〔漢字札〕釣狐(白蔵王・老鼡)

唐人相撲 雑狂言  〔仮名札〕唐人すもふ(通辞、相撲取)、〔漢字札〕唐人相撲(唐の皇帝)

鈍太郎 女物  〔仮名札〕どん太郎(妻、愛人)、〔漢字札〕鈍太郎(鈍太郎)

鍋八撥 雑物   〔仮名札〕なべやつばち(羯鼓売)、〔漢字札〕鍋八撥(焙烙売)

雞婿(鶏婿)婿物  〔仮名札〕にわとりむこ(婿)、〔漢字札〕雞婿(太郎冠者、舅)

脱(抜殻)太郎冠者物  〔仮名札〕ぬけがら(殿)、〔漢字札〕脱(太郎冠者)

祢宜山伏 山伏物   〔仮名札〕ねぎ山ぶし(大黒、祢宜)、〔漢字札〕祢宜山伏(山伏)

萩大名 大名物  〔仮名札〕はぎ大めう(亭主)、〔漢字札〕萩大名(大名、太郎冠者)

八句連歌 雑狂言  〔仮名札〕はちくれんが(庄右衛門)、〔漢字札〕八句連歌(九郎二郎)

花子 女物  〔仮名札〕はなご(太郎冠者)、〔漢字札〕花子(夫)

花新発意(花折)出家物  〔仮名札〕花しんほち(何某、花見客)、〔漢字札〕花新発意(新発意)

鼻相撲(鼻取相撲)大名物  〔仮名札〕はなすもふ(坂東方の者)、〔漢字札〕鼻相撲(大名、太郎冠者)

比工貞(比丘貞)女物  〔仮名札〕びくさだ(老尼)、〔漢字札〕比工貞(親、子)

髭櫓 女物   〔仮名札〕ひげやぐら(妻、注進の者)、〔漢字札〕髭櫓(夫)

武悪 雑狂言   〔仮名札〕ぶあく(武悪)、〔漢字札〕武悪(大名、太郎冠者)

福之神 神物   〔仮名札〕ふくの神(参詣人)、〔漢字札〕福之神(福之神)

冨士松 太郎冠者物   〔仮名札〕ふじまつ(殿)、〔漢字札〕冨士松(太郎冠者)

二人大名 大名物  〔仮名札〕二人大めう(大名)、〔漢字札〕二人大名(下京の者、大名)

舟船 太郎冠者物  〔仮名札〕ふねふな(殿)、〔漢字札〕舟船(太郎冠者)

文相撲 大名物  〔仮名札〕ふみすもふ(太郎冠者)、〔漢字札〕文相撲(大名、新参の者)

水懸婿 婿物  〔仮名札〕水かけむこ(夫)、〔漢字札〕水懸婿(舅)



表記は基本的に和泉流の曲目の呼称である[2]。和泉流の曲名呼称の基準として天理大学図書館蔵の『狂言六義』[3]を見れば、「伊呂波」、「金津地蔵」、「うちさた」(内沙汰)、「雷」が一致している。これが大蔵流の正本からのものであるとすれば「以呂波」、「金津」、「右近左近(おこさこ)」、「神鳴」という表記になるはずであり、このことから和泉流に近いものと知れる。

また、和泉流の内部では、刊本の『絵入狂言記』『絵入続狂言記』、『狂言記拾遺』『狂言記外五十番』(狂言記外篇)[4]の四冊で各五十番、合計二百番の曲目を合せても「狂言絵合せかるた」の曲目五十番の内で三点(髭櫓、鈍太郎、雷)は該当するものがないし、ほかに数点表記が異なっているものもあるので、これらの刊本を直接に手本にして制作されたものではないことが分かる。一方で、天理図書館蔵『狂言六義』と符合させると、五十番が漏れなく収録されており、「苞山伏」が仮名札では「つと山ぶし」で実際に図像に弁当の苞が描かれているが漢字札では「土産山伏」という『狂言六義』に固有の珍しい表記と一致しており、「麻生」もまだ後世の「烏帽子折」という呼称に変化していないこともあり、これに近い系統の正本から抽出したことが分かる。

演目の表記には古いものがある。「花折」が「花折新発意」であるのは古い表記であるし、「宝の槌」も古い「槌」という表記である。ただし、『狂言六義』にいう「うちさた」の漢字表記「内沙汰」がかるたでは「氏貞」であり、「茶すあんはい」(茶子味梅)が「きさんはい」と「喜参倍」である。さらに最も注意すべきは「笠の下」である。これは『狂言六義』等では「地蔵舞」と表記されていて「笠の下」となったもっとも古い資料は『絵入狂言記』である。したがって、このかるたは、万治年間(1658~61)の刊本『絵入狂言記』発行に近い時期に、天理図書館蔵『狂言六義』にごく近い和泉流の系統に属する手書きの書物を手本として成立したが、その際に若干の誤記があり、もしそれも手本を忠実に写した結果だとすると未発見の、刊本とは別異の和泉流以外の流派のものも参考にしていたことになる。なお、「狂言合せかるた」の書は格調高く、力強く、江戸時代初期(1603~52)の書風を残して美しく、曲目から見える年代と矛盾しない。

なお、上掲の山口吉郎兵衛『うんすんかるた』記載の「絵合せかるた」類には五十対・百枚で構成されているものが多い。そのほかに、江戸時代前期(1652~1704)の「歌合せかるた」類にもそうした構成のものが散見される。江戸時代の「絵合せかるた」や「歌合せかるた」では、この枚数が一つの基準であったことが分かる。三池カルタ・歴史資料館所蔵の「狂言絵合せかるた」も平仄があっており不自然さがない。この時期のかるたにおいては百人一首が主役で、百対・二百枚の構成が標準であったとする百人一首かるた本源説は史実に反する。

 

 



[1] 北原保雄、大倉浩『狂言記の研究』(影印編、解説編)、勉誠堂、昭和五十八年。

[2] 安藤常次郎「狂言の分類」『早稲田大学大学院文学研究科紀要』第八輯、同研究科、昭和三十七年、一一一頁。

[3] 天理図書館善本叢書和書之部編集委員会『狂言六義』上・下(天理図書館善本叢書. 和書之部 第二十三、二十四巻)、天理大学出版部、昭和五十年。

[4] 野村八良『狂言記』上・下、有朋堂書店、大正十五年。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です