まめカルタ

まめカルタ(左より、目札、大二、九度山、小丸、唱和後期)

まめカルタ

「まめカルタ」は西日本一帯で賭博遊技に用いられたカルタです。小丸は中国地方、目札は四国地方、大二は九州北部と地域差がありますが、遊び方は似ています。

 

 


「江戸時代~昭和時代、伝統の賭博・遊技系カルタ」の解説はこちらからご覧いただけます。


 


「江戸時代~昭和時代、伝統の賭博・遊技系カルタ」の解説はこちらからご覧いただけます。