当館を立ち上げてから早くも二年近い時間が経ちました。

時代は令和に代わり、日本の伝統文化への関心も高まっています。当館は、王朝の雅びな遊びから、市井の不行儀な賭博系の遊びまで、大人から子どもの世界まで、かるたを通じて世の動き、時代の流れを見ています。

当館は、江戸期かるた文化の研究をアップしたのちに、南部カルタや朝鮮の「花闘」、果ては百人一首の起源論や麻雀の起源論まで、六編の単発論文に寄り道しました。今は近代日本のかるた文化の研究に取り掛かっております。いずれもきつい論調にしてありますが、これが刺激となって学界での研究の進展が見られれば幸いです。

当館の開館以来、予想以上に世界各国で閲覧され、ご感想やご質問もいただいております。書籍で日本に縮こまるのではなく、ウェブサイトにアップしてよかったと思っています。当館は「日進月歩」がモットーです。過ちを改めるに憚ることなくと考えておりますので、皆様のご批判やご指導でなお前に出させていただけたら幸いです。

令和二年二月

日本かるた文化館 館長

blog-icon
Print Friendly, PDF & Email
おすすめの記事