五 「歌合せかるた」の凋落

江戸時代のかるた文化で、明治維新後の武家社会の崩壊の影響をもっとも強く受けたのは「歌合せかるた」の没落である。この時期に、「百人一首歌合せかるた」「源氏物語歌合せかるた」「伊勢物語歌合せかるた」などの図像の付いたかるたも、書の美を鑑賞する「古今集歌あわせかるた」「新古今集歌合せかるた」「自讃歌集歌合せかるた」「三十六歌仙歌合せかるた」も、ともに衰退した。武家社会にあった、和歌を鑑賞し、和歌を詠む教養が薩長出身の野卑な支配者の横行の中で顧みられることもなく見捨てられ、成立した学校教育においても和歌の学習は力を失っていった。

そうした中で、「百人一首歌合せかるた」だけは、カードの図像に校訂を施したり、選歌を改めたりして生き残りを図ったが、それも主要には明治二十年(1887)以降、近代のかるた文化の勃興の中で起きたことであり、江戸文化としては「歌合せカルタ」の衰退が目立つ。また、遊技の面でいえば、かるた会が新年に男女が同じ場所に集まって交際できる数少ない好機と位置付けられることで、いわば合コンの席での余興として寿命を保った。尾崎紅葉の『金色夜叉』中の次の描写は、新聞連載の時期からすると明治二十年代末期の風俗であるが、かるた会の描写としてあまりに有名である。

「箕輪の奥は十畳の客間と八畳の中の間とを打抜きて、広間の十個処の真鍮の燭台を据ゑ、五十目掛の蝋燭は沖の漁火の如く燃えたるに、間毎の天井に白銅鍍の空気ランプを点したれば、四辺は真昼より明に、人顔も眩きまで耀き遍れり。三十人に余んぬる若き男女は二分に輪作りて、今を盛と歌留多遊を為るなりけり。蝋燭の焔と炭火の熱と多人数の熱蒸と混じりたる一種の温気は殆ど凝りて動かざる一間の内を、莨の煙と燈火の油煙とは更に縺れて渦巻きつつ立迷へり。込合へる人々の面は皆赤うなりて、白粉の薄剥げたるあり。髪の解れたるあり。衣の乱次く着頽れたるあり。女は粧ひ飾りたれば、取り乱したるが特に著るく見ゆるなり。男はシャツの腋の裂けたるも知らで胴衣ばかりになれるあり、羽織を脱ぎて帯の解けたる尻を突出すもあり、十の指をば四まで紙にて結ひたるもあり。さしも息苦き温気も、咽ばさるる煙の鍋も、皆狂して知らざる如く、寧ろ喜びて罵り喚く声、笑頽るる声、捩合ひ、踏破く犇き、一斉に揚ぐる響動など、絶間無き騒動の中に狼藉として戯れ遊ぶ為体は三綱五常も糸瓜の皮と地に塗れて、唯これ修羅道を打覆したるばかりなり。」

明治二十年代(1887~96)以降には、大学生の倶楽部間の対抗早取り競争から、萬新報社による「競技かるた」の提唱を経て、スピードを争うスポーツの要素の濃い遊技として継承されたし、それに見合うように活字を用いる「標準かるた」が登場して公平性を誇ったが、それはまた別の話である。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です