うんすんカルタ・すんくんカルタ

うんすんカルタ、すんくんカルタ(左より、うんすんカルタ、すんくんカルタ、昭和後期)

うんすんカルタ・すんくんカルタ

うんすんカルタは日本で考案された一組が五紋標、七十五枚のカルタです。江戸時代の前期から中期にかけて、上流階級の家族の間で盛んに遊ばれました。その後下火になりましたが、熊本県人吉市などにいまでも伝わっています。

 


「江戸時代~昭和時代、伝統の賭博・遊技系カルタ」の解説はこちらからご覧いただけます。



「江戸時代~昭和時代、伝統の賭博・遊技系カルタ」の解説はこちらからご覧いただけます。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です