HOME > MONOGRAPH > 3-6 「ことば遊びかるた」の成立と展開 > 一 歴史から消えた「ことば遊びかるた」 > (二)斎藤月岑の記録した「いろは地口かるた」を振り返る

(二)斎藤月岑の記録した「いろは地口かるた」を振り返る

江戸時代の江戸に「いろは地口かるた」の遊技があった。少なくとも文化、文政期(1804~30)にはすでにあった。それはどんなものだったのであろうか。「いろは地口かるた」の遊技にかんする記録は見たことがないので、カードの内容を紹介しておきたい。

『翟巣漫筆』の「いろは地口」「いろは地口」その1、「いろは地口」その2は次のような内容である。『翟巣漫筆』は読みにくい書きぶりであり、文字が解読できても何をもじったのか、原句が分からないものもある。そういう場合はカッコ内を空欄にしておいた。

「伊呂波地口」(『翟巣漫筆』、慶應二年)

「いまさらやうかん物見の松」(熊坂長範物見の松)

「ろ」(欠)

「はば□た大はまぐり」(不詳)

「に」(欠)

「ほていしゆがるすでかぎたまばかり」(御亭主が留守でかみ様ばかり)

「へ」(欠)

「とう人につりかね」(提灯に釣鐘)

「ととさまは馬鹿な女郎買かかさまはおやめと申ます」
  (父様は阿波の十郎兵衛かか様はお弓と申します) 

「ちやじんかみなり火事おやじ」(地震雷火事親爺)

「り」(欠)

「ぬ」(欠)

「る」(欠)

「をゝぎに団扇お茶でも上れ」(大きにお世話お茶でも上れ)

「わ」(欠)

「かにが具足で枕をなげた」(なにが不足で枕を投げた)

「よ」(欠)

「たるま滝の水」(鳴るは滝の水)、

「たまごのまひ」(玉藻の舞)

「たをれさうだ秀さと」(俵藤太秀鄕)

「れ」(欠)

「そこほりさけのある男」(そこは情けのある男)

「ついたて十文字」(一日十五日)

「ねこに碁盤」(猫に小判)

「ながいもつくいも恋の道」(可愛いもつらいも恋の道)

「ら」(欠)

「むすめ開帳へいつて蛤となる」(雀海中に入って蛤となる)

「うすあか弁慶」(牛若弁慶)

「ゐ」(欠)

「のどがかはくの水車」(淀の川瀬の水車)

「おなきな人の目はさくら」(大宮人の庭桜)、

「おおふまには□どんわう」(不詳)

「くらがへの女郎あおざめ」(熊谷次郎直実)

「やんまはり」(按摩針)

「まつだけぶらさげ」(松風村雨)、

「まうさうねると正月だ」(もういくつ寝ると正月だ)

「けんの下には鬼義太夫」(縁の下には斧九太夫)

「ぶしのおうちゃくまうこれぎり」(不詳)

「こ」(欠)

「え」(欠)

「てんじんしちやへ自身ござる」(天神七代地神五代)

「あんまに杖ないどうよくな」(あんまりすげない胴欲な)

「あかさかのばかやろう」(あかさたなはまやらわ)

「さ」(欠)

「き」(欠)

「ゆらの舟おそかつたはゆい」(由良之助遅かったはいな)

「め」(欠)

「みづ汲むおやじ秋の夕暮れ」(いずこも同じ秋の夕暮れ)

「しいたけがってんじや」(聞いたか合点じや)

「ゑ」(欠)

「びしや門天のなぬし」(飛車も打てんか)

「ひのもとげんじゆう太夫」(清元延寿太夫)

「も」(欠)

「せんせい八両ためたな」(鎮西八郎為朝)

「す」(欠)

欄外に

「いねむりのいなりさま」(初音森の稲荷様)

「かきもち横ぐわへ」(不詳⁺)

「おおくわゐ」(おお怖い)

「おかめの奥方たゝずみ」(岡部八郎太忠澄)

「しやうじ屏風あわわ」(ちょうちちょうちあわわ)

とある。